【実録】花粉症がうつった件【解説】

千明軍師の保健室 , , ,

花粉症がうつりました。

オットから私へ。

いやいやいや。花粉症がうつる訳ないし。
感染症じゃないし。

でも、うつりました。

うつったんです。花粉症が。

\ そんなバハマ!!! /

我が家で局地的ブームなゴー☆ジャス

画像引用 http://vvstore.jp/feature/detail/6287/

オットはコムギ・イネ花粉症

オット氏は花粉症持ち。
メジャーなスギ、ヒノキではなく、コムギ、イネ。
今、絶好調にくしゃみと鼻水をブチかまし、しっとりタイプの箱ティッシュを持って出勤しています。

んで。今現在、私も同じことに。

ひたすらくしゃみと鼻水。

最初風邪ひいてたので、鼻水続くなぁ…と思ってたんだけど。
昨日あたりで気づいた。

「あ、これ風邪の後に花粉症になってるやつや。」

夫婦で同じ花粉症にかかる謎

花粉症と言えば、一番主流なのはスギです。
次がヒノキ。

しかし私は、その2つをスルーして、コムギにやられた。

なぜ、よりによって少数派のコムギに。

花粉症を引き寄せた

結論から言うと、無意識に、無自覚に、引き寄せた。

毎年春と秋の過ごしやすい季節に身近な人が花粉症を発症することで、私の脳には『花粉症の季節』というものがインプットされていた。
彼は「お前にも花粉症うつしてやる!!!ヽ(`Д´)ノ」と言う。
私は「花粉症はうつんないしーwww」と言う。(俵万智っぽくなりそうでならない残念さ。)

そして私の脳には「花粉症」「うつる」がインプットされていた。

そう。脳(潜在意識)は、否定語を認識しないのである。

「失敗したくない!」と思ったら失敗しやすくなる。
「成功する!」と思った方が失敗しない。

脳ってそういうモノらしい。

なので、「私は花粉症にはならない。」と暗示し続けることは「花粉症」という単語を脳にインプットし続ける行為なのである。

そして、私にとって一番身近な花粉症はスギではなくコムギだった。
私の脳は花粉症=コムギと認識していた。

そして、13年かけて、じっくりじわじわ引き寄せて、この度花粉症を発症した次第です。

冗談でしょう?!?!

どうすればよかったのか…

すっかり取り返しのつかない事態になってしまった。
この記事を書きながら、何度鼻をかんだことだろう。

空気清浄機がこんなにも無力だなんて思いもしなかった。(in 自宅)

沖縄には花粉症はないと言うけれど、それはスギの話。
沖縄にコムギもイネもありますね!!移住しても逃げ場なし!詰んだ!!!!

私はどうすればよかったのか?

オットの花粉症をスルーすればよかった

これにつきる。

うん、無理\(^o^)/

今後の対策

引き寄せで花粉症になったのなら、引き寄せで直せばいいのではないか!!!!!!
単純にこう考えてみました

ここからは、仮説に基づく実験です。

波動レベルでアプローチ

千明は量子場観察術という技を使えるので、これで今までと真逆の設定をしてみようという次第。
同じく量子場の観察ができる方は参考にしてみてください。
そして、実験結果を教えていただけると喜びます( ´∀` )

花粉症とは何ぞや

「花粉症の症状を消去」って設定してもいいんだけど。どうせなら根こそぎ取っ払いたい。

そもそも、花粉症とは何なのか。
こういうことらしい。↓

画像引用:http://www.ssp.co.jp/alesion/hayfever/

肥満細胞ってのがいらんことをしてくれているらしい。
あ、聞いたことある。免疫学でやったやつ。(注:千明は元臨床検査技師)

肥満細胞とは

肥満細胞と言っても肥満とは関係ない。

太ったのは関係なかった…

肥満細胞症で脂肪細胞が体の一部にたまり過ぎていたり、肥満細胞が正常に機能していなかったりすると、強すぎる免疫反応、つまりアレルギー反応が起きてしまう。

引用元:http://slism.jp/related_terms/mast_cells.html

肥満細胞自体は、免疫のために必要なモノ。それがあらぬ働き方をしているらしい。

ハイ、次

どこで間違いが起こっているのか

上の図2番にある『抗体』を具体的に言うと『IgE抗体』。
アレルギーの人は血中のIgE濃度がずば抜けて高い。
(ちなみに、寄生虫患者もIgE濃度は高い。花粉症やアトピーが流行りだしたのは、寄生虫が人の身体から駆逐された後でほぼ時期が一致する。アレルギーは、暇になったIgEが次の仕事を探した結果説もあるのだ。)

アプローチとしては、肥満細胞を鎮めるよりも、IgEの生成を抑える方向で考えよう。

一方の、自然療法的見解

自然療法のバイブル『家庭でできる自然療法』の著者、東城百合子おばあちゃん曰く、花粉症はじめアレルギー体質について

新陳代謝がにぶく、毒素や老廃物が出にくかったり、血液も酸性になりやすく、細胞も働きがにぶいといったような事があります。

アレルギーの人は胃腸・腎臓・肝臓・脾臓など弱っています。

近年テレビなんかでも『花粉症にはヨーグルトがいい!』なんて言われています。
胃腸を始め、消化吸収に関わる臓器が弱っているのだと百合子おばあちゃんも仰っている。

おばあちゃんの知恵袋には

手当を気長にすること。

とな。

嫌だ!すぐ治したい!!!!!!

なんで内臓(特に腸)なの?

新米のリンパ球が、一人前の兵隊になるための訓練場が小腸付近にあるというとわかりやすいでしょうか?
腸の外側の新米リンパ球に、腸内細菌が刺激を与える。ニセの攻撃をしかけるのです。
つまり、実弾ではなく空気銃で訓練してやるようなものです。
そうやって実害のない細菌を攻撃訓練して、やっと一人前になったら、全身のパトロールにでかけていくんですよ。

引用元:http://www.takara-meneki.com/talk/

リンパ球っていうのは免疫細胞の一種。
肥満細胞の親戚ですわ。
腸がお疲れだと、免疫細胞が育たない。
腸だけがお疲れということはまずなくて、腸が疲れているときは他の内臓もだいたい疲れている。
連係プレーで身体を構成している、いわばチームなのでね。

ざっくり言うと
胃腸…消化吸収、免疫細胞の訓練場所、う〇こを作る
腎臓…不要なものをろ過・排出(おしっこを作る)
肝臓…解毒、消化、その他めっちゃくちゃたくさんの機能があるのでとにかく大切にして損しない
脾臓…古い血液を回収、免疫細胞の待機場所

量子場(波動)を調整してみよう

あらかた要因が出そろったように思います。

  1. IgE抗体の過剰反応(花粉が異物であるという勘違い)
  2. 内臓がお疲れ

量子場設定例

  1. 抗体が花粉をスルーする
  2. 内臓が元気になる

この辺りでどうでしょう( ´∀` )
否定語は使わないので、こんな言い回しで。
短期的には「鼻水が止まる」「くしゃみが収まる」も全然アリかと思います。
それに合わせて↑の2つを度々設定していったら、一時的にではあるけど、鼻水が…鼻水が…

止まっている。(今、これ書きながら)

量子場とかなにそれって人へ

波動を扱う技を知らない人でも、↑の2つを口に出す、頭の中でイメージする、等でも、まったく効果がないわけではないかもしれない。かもしれない。もしかしたら。(すっごく個人差ありそう)
検証してくれる人いたらご報告お待ちしております。

ほかの手段だと

美容気功も使えますな。
特に内臓を元気にする方特に効くかと。(即時性はなさげだけど)

あとはレイキもよさげ?(詳しく知らないけど)

疲れている内臓の部分に手を当てると、ほっとするというか。ちょっと気持ちいい感覚ってないですか?
え?内臓の場所って普通知らないですかね?
肝臓は胃の右下ね。手が半分ぐらい肋骨にかかる位置。
手を当てるだけでもほっとする。
これぞ『手当て』。ダジャレじゃなく、ガチです。

正統派

食生活の改善を併用するのがマストだと感じております。
一汁一~三菜のシンプルな和食。(百合子おばあちゃんの本にはもっと詳しく書いてあるけど。)
とりあえず、毎日味噌汁&納豆、続けようと思います。

参考にしたあれこれ

量子場観察術習いたい~~という方は
赤星マユミさんや、いさし香織さんのもとへ是非。

美容気功は私はいさし香織さんから教わりました( ´∀` )

【募集します!美容気功伝授講座 】|あなたはもっと自由になれる!心と身体も整える量子場師イサッシーのブログ

【募集します!美容気功伝授講座 】|あなたはもっと自由になれる!心と身体も整える量子場師イサッシーのブログ はてなブックマーク - 【募集します!美容気功伝授講座 】|あなたはもっと自由になれる!心と身体も整える量子場師イサッシーのブログ

 

千明も、伝授方法も習ったので、近場の方は伝授するよ~。
LINEください♡
友だち追加する

東城百合子さんの本はこちら

家庭で出来る自然療法 東城百合子
東城百合子
あなたと健康社
売り上げランキング: 2,487

そんな千明軍師のLINE@

不定期でお届けしているよ!
友だち追加する
土肥千明

通称 千明軍師 数秘術鑑定、カードリーディング、波動観察を通して、これまで自分が漠然と抱えてきた生き辛さを解明し、シェアしていく人。 福岡在住。福岡-沖縄デュアルライフが目標の二児の母。 「私のハッピーがみんなのハッピー。自分がハッピーだったら、家族もハッピーにならざるを得ない。」が持論。 分析と提案が武器なので軍師。 元臨床検査技師で、「スピリチュアルは現実です。」と言って聞かない理系脳。

千明軍師の保健室

おもしろかったらいいねしてね( ´ ▽ ` )ノ

最新情報をお届けします