生理中の女性がゆったり過ごすのが当たり前の世の中になればいい

千明軍師の保健室 , ,

タイトルの通り。

生理って、小さな出産で。
毎月毎月女性の体の中では、たくさんの工程を経て生理という現象が起こっているんだよね。

ちなみに猫には生理はない( ˘ω˘ )
必要なタイミングで卵子がこんにちはする。

なぜ人間にはめんどくさい生理があるのか。
こんなんなら、いっそ猫になりたい( ˘ω˘ )

身体に起こることは全て理由があるんだよね。(例外もあって、わき毛には理由はない。なら最初からなくていいやん…⇒参考過去記事

これは私の推測で、科学的根拠が立証されているわけではないんだけど。まぁひとつ、聞いとくれ。

生理があることの意味

どんなに私生活が干物化していても。夫婦間の仲がアレでも。パートナーが同性でも。
ある程度身体が元気なら、毎月やってくる使者。生理。

そんなに張り切ってスタンバイしてなくていいんだけどな?!って思わんでもない。わかる。わかるしかない。

お腹痛いし。

ダルいし。

むくむし。

眠いし。

仕事のミス増えるし。

あーーーーやだやだ!男はいいな!いつでも全力出せて!!

そうぼやきながら、鎮痛剤や栄養ドリンクを飲み込んで、今日も仕事や家事、育児という名の戦場へ向かう女性たち。

 

そう、昔の私。

 

ちょっと立ち止まって考えてみてよ。

そんなに、しんどくて無理ゲーな仕様が、最初から決まってると思う?

生理中、ダルくて眠いのはそれこそ生理現象だから、必然。

それに打ち勝つために、栄養ドリンク飲んでめいいっぱいがんばる必要が、本当にあるのか。
社会的にとか、今のポジションがとか、専業主婦だから家事を完璧にこなしたいとか、そういう『外側の』理由ではなくて。
身体の仕組み上理に適っているのか、っていう。

 

うん、適ってないよね( ˘ω˘ )

女性には、最初から、月に一度休む必要があるんだと思う。

そこが、猫との違い。(猫は生理がなくても好き勝手休んでるから、そもそも生理が必要ないんじゃないかな。)

本来の生理中の過ごし方

それは、ゆっくり過ごすこと。

眠いなら、寝るのが一番いい。それを身体が欲しているんだから。
そんなの甘えだ、夕飯作れ、なんていう家族だとしたら…そもそも必要?って思うんだな。

痛いなら、身体のどこが冷えているのかよーーーーーーく観察して、自分が一番快適な温め方を見つける。
冷えに対する知識はあるに越したことはないけれど、最善を知っているのは自分の身体です。

生理中の状態は人それぞれなので。

自分がどうしたいのか。

どうするのは不快なのか。

自分で知ること。

そして、それをひとつひとつでいいから、ゆっくりでもいいから、叶えてあげられるようになる。

それが本来の生理中の過ごし方なんじゃないかなって思う。

アルバイト主婦軍師の生理中の過ごし方

面白いことに気付いてしまったのだけど。

先々月からアルバイトを始めた軍師だけど。唯一の懸念が『生理中ダラダラできないの嫌だなー』だったのね。

そしたら。生理が来るのがシフト入れてない日なの。今のところ全て。

別の仕事もキャンセルになっていたり、もともとそんなに動き回る予定でもなかったりして、ゆったり過ごせてる。
二日目にシフト入ってたけど短時間だったり。

「生理中はゆっくり過ごすものである。」って決めた結果、そんな偶然を引き寄せたのだと思う。

社会の仕組みがどうとか、周囲の理解がどうとか理由をつけて、身体の欲求に応えることを諦めるのも、選択肢の一つとしてもちろんありで。
でもそれは「なにかのせいにして身体の欲求は二の次にする」っていう自分の意志の元動いているだけ。

で、それじゃあ嫌だな、私はそこから抜け出したいな、って思ったら、そう決めるだけ。

決めるだけで、現実は変わる。

強く強く決意して宣言して、とかではなく。自分の中に穏やかにストン、とはいったことの方が現実に反映しやすいね。

身体の欲求を感じられる身体に戻す

身体の欲求を大事にしようと決めてから、身体の感覚に敏感になってきてね。

布なぷきん歴15年なんだけど、ここ最近めんどくさいが勝っちゃって、多い日は普通のナプキンやら、タンポンやらを使って過ごしていたのね。
けど、今回は『い!や!だ!やっぱり!布が!気持ちいい!!!!!』って身体が言うことを聞かない。(笑)

布なぷきん洗うのめんどくさい問題の解決策は「溜めずに一枚一枚使うたびに洗う」にしてるの。
溜め込むと億劫になるから。

ネックは外出時。その場で洗う訳には行かないやん。

なので、外出はキャンセル!(元々キャンセルしやすい用事だったのもあり)

布なぷきんめんどくさい!やっぱり布が気持ちいい!の両方の身体の欲求を見事かなえたのでした( ˘ω˘ )

布なぷきん使うのに、難しい理屈も理由もいらんってほんと思う。

ただただ、心地いい。それだけ。

15年も使っていれば、経血コントロールもだいぶできてるしね。(これができているとお産の時いきみやすくて助かる)

 

産まれたときは、身体の欲求しか知らなかった。

いつの間にか、色んな情報を蓄え、我慢することを覚え、身体の欲求がなんなのかなんて、分からなくなってしまった。

それを取り戻すと、どうなるのか。

自分の身体を上手に使えるから、無理が減る。

自分の欲求が分かるから、人生が楽しくなる。

生きやすくなる。

 

長い時間をかけて忘れていったものを、ひとつひとつ、出来ることを積み上げて、取り戻していく。

そんな作業に時間やお金を少しでもかけてあげられることを『豊かさ』と呼ぶんじゃないかな、とふと思いました。

 

でも、だって、って言いたくなるのもわかる。

それらひとつひとつに「本当にそうなの?」って問いかけてごらん。

生理中の女性がゆったり過ごすのが当たり前の世の中になればいい

それは、社会が変わるのを待っていることではない。

社会を変えようと目くじらを立てて何かを攻撃することでもない。

自分の中で、小さな改革を起こす。

生理中はゆったり過ごすのを、自分の中での当たり前にしていく。

その意識がひとり、またひとりと広がっていくから。(これからの時代の流れ的にね)

そうしたら、自然と『世の中』と呼ばれるものが変わっていくから。

仕組みだけ先に変えてもなんにも変わらないって、私たちは歴史を通して散々見てきた。
戦後の民主主義国家も、お国のためから社会経済のために矛先が変わっただけで本質はさほど変わっちゃいない。
会社の育休制度を充実させても、中で働く人たちの意識が変わらなければ、みんなの不満が増すばかり。

まずは、自分から。そしてそれが広がっていけば、集合意識が変わってくる。(30年前は当たり前だった体罰で、横綱が引退になるようにね)
集合意識が変われば、仕組みはすんなりと変わってしまう。

まずは、自分の意識から変えていきましょ。

コツコツと。

 

コツコツにめげそうな方には、魔法のアロマミストで後押ししますよ。

未来を後押しする魔法のアロマミスト

 

そんな千明軍師のLINE@

不定期でお届けしているよ!
友だち追加する
土肥千明

通称 千明軍師 数秘術鑑定、カードリーディング、波動観察を通して、これまで自分が漠然と抱えてきた生き辛さを解明し、シェアしていく人。 福岡在住。福岡-沖縄デュアルライフが目標の二児の母。 「私のハッピーがみんなのハッピー。自分がハッピーだったら、家族もハッピーにならざるを得ない。」が持論。 分析と提案が武器なので軍師。 元臨床検査技師で、「スピリチュアルは現実です。」と言って聞かない理系脳。

千明軍師の保健室

おもしろかったらいいねしてね( ´ ▽ ` )ノ

最新情報をお届けします

同じカテゴリーの記事5件